福岡県田川郡福智町
農事組合法人
広谷営農組合

花木畑土風山空谷
einoh! hirotani

摩天楼?喧騒?ってなんですか?

下のリンクから地図のページに行き拡大してみてください。
赤いポイントが事務所兼倉庫ですが、周辺はほとんどが田んぼです。どこかへ行く通過点ということもなく、通る自動車は一部を除きほとんどがこの谷の住民の皆様です。

福岡県田川郡福智町(以前の町名は方城町)の東側、田川直方バイパスを東へ、山に向かって行きますとやや高台に私たちの谷があります。

谷には商店、コンビニその他のお店は一切ありません。買い物はほとんどが車で、一人暮らしのご家庭以外はたいてい2台以上の車を所有していますので、不便さはほとんど感じません。

高台のため、場所によっては田川市やその他の場所の美しい景色を眺望できます。

きれいな空気。山から湧き出る夏でも冷たく済んだ水。四季折々に変化する田んぼの色、木々や花。鳥の声に季節を知り、土の香りに和む。

摩天楼、喧騒などという言葉はこの谷には関係がないようです!


-最も標高の高い地点に近い所からの景色です-

-広谷及び周辺の地図はコチラ!-


広谷の風景、暮らし

倉庫入り口付近の桜 土地改良竣工記念碑
倉庫兼事務所入り口付近の桜です。
もともとこの場所は広谷の公民館の跡地で、公民館建設の時植樹されたということです。30数年前の桜が毎年私たちに待望の春を知らせてくれると共に、和ませてくれています。
隣接の長浦(ながうら)地区、見六(みろく)地区と共に大規模な土地改良 が行われ、景観はがらりと変わりました。平成14年頃から始まりおよそ7 年がかりの大工事で田んぼが効率良く整備され、あぜが無くなった所もあ ります。

ひと時の安らぎの場"ほたるの里" 高台の田んぼ
川の横にある小さな自然公園 通称"ほたるの里"
シーズンは5月末〜6月始めで、川のせせらぎをBGMにささやかなショウが見られます。
この時期、苗箱の稲は芽を出し、いよいよ子育てにも似た大変手のかかる米の季節が始まります。
画面奥の山の向こうが飯塚市です。
こうして見てみますと、広谷の標高も結構高いことがわかります。
この辺りの標高は200mほどで、広谷の下から比べても気温が低く、美味しい米の産地です。

米用冷蔵庫 毎年やって来るツバメたち
各家庭にある米専用の冷蔵庫です。
米は食べる直前まで精米せず冷蔵しておくと美味しく、年中12度〜14度に保っています。
美味しい米を更に美味しく!ちょっと贅沢ですね!
もう何世代になるのでしょうか。
毎年つばめが同じ場所に巣を作るために戻って来ます。
雛が育つまでここで過ごし、やがて旅立って行きます。
時々目を合わせてさえずりあっています。
何を話しているのでしょうか?

-こちらもご覧ください!広谷地方の方言です!-

農事組合法人 広谷営農組合 広谷営農組合の事業 変わり行く農業 各種農作業承ります 保有機械 所在地等

(C) 2019 農事組合法人 広谷営農組合